RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, - -
hulu視聴日記 ヴェニスの商人
hulu再開したので試聴日記つけます〜

ヴェニスの商人
シェークスピアの有名作品ですね。
2004年の映画です。

あらすじ
イケメン「金持ちの娘口説いてくるから服代貸して」
商人「おk、金貸しに借りて工面する」
金貸し「期日に返せなかったら商人の肉を1ポンドもらう」
商人「おk」
イケメン「口説いたよ〜」
金貸し「期日過ぎたんで肉もらうわ^^」
商人「」


まず第一印象。そこにおっぱいいらないだろっていう。
見ても嬉しくならない無駄なおっぱいがいっぱい出てきます。

シェークスピアの独特な言い回しも原作そのままに
映像にそぐわないセリフっぽい部分もありますが
原作重視ということで、あえて盛り込んだのかと思います。

ストーリーについて

ユダヤの金貸しは、商人に散々馬鹿にされ積年の恨みで
「証文通り商人の肉をもらってやる。死んだって構わん」
と完全に恨みつらみで金を受け取ろうとしません。

裁判の席、法学博士の名裁きで
「肉1ポンドを持っていってください。ただし証文にないので血は流してはなりません」
聴衆も拍手喝采

ここまではいいけどさ

血を流させたら、1ポンドから少しでもずれたら→死刑
外部の人間がヴェニスの人間を殺そうとしたので→財産没収
結局商人の温情で→財産半分を娘さんに+キリスト教に強制改宗


金貸しオーバーキルくね?
てか元金くらいは返すべきじゃね?

不思議な力が使えるようになって〜的な物語は
映画のラストには力は消えて日常に戻る終わり方が多いし、
冒険物で財宝の部屋にたどり着いても
財宝を手にしては戻ってこれない展開だったりするじゃないですか。
なんかイケメンは普通に財産を手に入れてるし、
商人も3,000ダカット踏み倒してるし、最近の映画に慣れてるとすごく釈然としないのだわ。

キリスト教徒とユダヤ人の軋轢みたいなものもかなり強い時代だったんだろうけど
その辺を社会派っぽく解釈するよりはストーリーやセリフ回しを楽しむ映画かなと思いました。

あと、法学博士と助手がバレバレなのは演出として正しかったのか?

教養としてはなかなかたのしめたので

6/10点

author:ピザ男, category:身の回り, 00:32
-, trackbacks(0), - -
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 00:32
-, -, - -
Trackback
url: http://pizza3.jugem.jp/trackback/1228